風俗の庭
フリースペース
サイトマップ
 >  > 背徳感のようなものがありました

背徳感のようなものがありました

ソープで人妻とプレイした時の話です。その人妻はとっても綺麗なんです。亜美さんという人妻で、とっても美人なんですけど、どこか影があるというか、笑っている顔もどこか影があるような感じというか。それが背徳感というか、亜美さんとプレイしていると、気持ち良いのはもちろんなんですけど、どこか申し訳ない気持ちになってくるような気がしたんですよ。もちろん別に何か悪い事をしている訳ではないんですけど、その雰囲気とでも言えばいいんですかね。まぁそれがまた興奮させられるというか、亜美さんも別に嫌々やってるって訳ではなくて、こっちにいろいろと気を使ってくれているのも解るんですけど、まるで未亡人のような雰囲気があったおかげで、プレイがより臨場感のあるものになったんですよ。あの雰囲気っていうのは今までたくさんソープに行きましたけど初めてでしたよ。リアリティがあって、ちょっと病みつきになりそうな雰囲気の中でのプレイでしたよ。

[ 2015-03-31 ]

カテゴリ: ソープ体験談